フサキ日記

ハーリー!そして、梅雨明け!!

みなさま こんにちは!

今月16日、沖縄地方が梅雨明けしたとみられると、沖縄気象台から発表がありました!
今年の梅雨明けは平年に比べて7日早く、昨年より5日遅かったそうです。

 

本日の石垣島。

てぃだかんかん(太陽かんかん照り!)です。

 

 

梅雨明けが発表された1週間前の6月9日に、「この行事のあとに梅雨が終わる」と言われている石垣島の伝統行事が開催されました。

その行事とは「石垣市爬龍船(はりゅうせん)競漕大会」。
長いですね・・・地元では『ハーリー』と言っています。

 

 

会場は石垣漁港。
たくさんの人で賑わいます。

 

 

ハーリーとは海人(うみんちゅ)が航海の安全と豊漁を神様に祈願するおまつりで、
サバニ(舟)を漕いで順位を争うのですが、その競技にもいくつか種類があります。

 

【御願(うがん)ハーリー】
ハーリー大会の一番最初に行われる競技。
往復800メートルを3周、計2400メートルを競います。

【転覆ハーリー】
舟を漕いでいる最中、合図がでたら全チームが一斉に舟を転覆させて、舟を起こしあげて乗り込む。ということを2回行います。
どれだけ早く舟を起こしして、乗り込むことができるか。がポイントです。

【上がりハーリー】
祭りのフィナーレを飾ります。
純粋に一番早い舟を決めるレースで、各組の海人「最強メンバー」が揃い、2800メートルの距離を競います。

 

この3つを「本バーリー」と言い、他に職域団体や友人グループによる競技「団体ハーリー」も開催されます。
今年は70チームで熱い戦いが繰り広げられていましたよ~。

 

 

それでは、御願(うがん)ハーリーでの海人の力強い櫂さばきをご覧下さい!

 

3チーム、スタートの様子です。
力強い漕ぎ出しで、ぐんぐんスピードに乗っていきます。

 

折り返し!応援にも力が入ります!

 

ゴール!

 

 

1年に1回のおまつり。なんと今年で110回目の開催でした!
毎年、旧暦の5月4日に行われます。
来年、機会があればぜひご覧下さい♪
(日焼け対策はお忘れなく♪)