フサキ日記

とぅばらーま大会

みなさま こんにちは!

先日のブログに引き続き、本日は『とぅばらーま大会』の様子をお伝えしたいと思います!

 

先日のブログでもお伝えしましたが、同じ「とぅばらーま」という伝統文化の継承
テーマにしたものでも、内容が違うんですよ~。

 

では『とぅばらーま大会』とは・・・?
『広く内外から作詞の部、歌唱の部の出場者を募り、
厳正な審査を経てそれぞれ入賞者を決定し表彰する』
と、大会開催要項にあるように
予選を通過した歌い手の中から、最優秀者を決める大会なのです。

 

会場になったのは公園です。
この日のための特別ステージ。両側にモニターがセットされています。

 

 

 

会場にはたくさんの人々が!

『なかどぅ道ぬとぅばらーま祭』の時もそうですが、
とぅばらーまを聴くためだけにこれだけの方々が集まっているんですよ~。

 

 

とぅばらーま大会のプログラム(会場で配布しています)には、歌唱の部出場者の方々のお名前が。

今年の応募者は40名、そのうちの23名が予選通過者です。
今回の最優秀賞を受賞された方は4回目の出場だったそうです。

 

 

 

そして、プログラムの片面には、作詞の部の入賞作品が掲載されています。

メロディーはひとつだけれど、歌詞はさまざまなとぅばらーま。
この入賞作品も、親を想ったもの、島のことなどが綴られています。

審査のあいだに、最優秀賞作品の歌詞で去年のとぅばらーま大会チャンピオンが歌を披露してくれます。

 

 

この『とぅばらーま大会』は、なんと1947年から開催され、今年で69回目!
毎年、旧暦8月13日、月がきれいだと言われる十三夜月(満月の2日前)に行われます。

この日も、きれいなお月様が出ていました^^

 

 

雨のときは会場が屋内に変更されますが、やはりお月様と一緒にきけるこの雰囲気は最高です!
『なかどぅ道ぬとぅばらーま祭』よりは会場が広いので、ゆっくり座ってご覧頂けます。
ぜひ、敷物持参でお楽しみ下さい^^